読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才画伯のクソ絵日記。

イラストを交えて日々想うことを綴ります。

                   スポンサーリンク



女の子に腹パンチくらって泣いた話。

その他

最近、縁石に車を大いにぶつけました、画伯です。

 

今日は画伯が小3の時の黒歴史をご紹介します。

 

前の記事にも書きましたが、ぼくはかなりやんちゃでアホな小学生だったので掃除の時間なんかもふざけ倒していました。

 

例えばほうきで友達とゴルフ。

 

ほうきで友達と野球。

 

ほうきで友達と るろ剣 ごっこ。

 

ほうきでひとり魔女の宅急便

 

ほうきで、、、、

 

見かねた優等生の女子がぶちぎれました。

 

優等生「あんたいい加減にしないと殴るよ!!掃除終わんないじゃん!!」

 

画伯「女が殴っても何も感じないぜ!!へっ、ぶうう!!」

 

優等生が目を血走らせてかけよってきました。

 

画伯「ほう。やる気ですか。」

 

画伯「はああああああ!!」

画伯は女の子をなめきっていたのでサイヤ人よろしく気をためだしました。

f:id:dannagatennen:20160226004857j:plain

 

気分は戦闘力53万です。

 

が!!

 

優等生が画伯の腹めがけて思いっきりアッパーパンチ。

 

画伯「あぬふぅんっ!!

 

奇妙な声をあげて倒れ込みました。

f:id:dannagatennen:20160226004922j:plain

優等生「あんたが悪いんだからね!!」

 

去って行く女の子を横目にみながら苦しむ画伯。

 

 

 

、、、くやしい。。。

 

くやしい!!

 

くやすぃいいいい!!!

 

あまりの情けなさになんと画伯は

 

 

 

 

 

しくしく泣き始めました。

f:id:dannagatennen:20160226004826j:plain

なんという情けなさ。

そして先生が現場に到着。

 

優等生はこっぴどく叱られ画伯を保健室に連れて行きました。

 

画伯はと言うと、こっぴどく叱られた優等生に

ざまあみろと言わんばかりの薄ら笑いを影で浮かべておりました。

 

できることならタイムマシンで過去に戻ってこの優等生の女の子に土下座したい次第です。

 

 

おしまい。笑

 

 

 

                   スポンサーリンク